ailogoについてABOUT

  1. ホーム
  2. ailogoって?
  3. ailogoについて

オーナーの紹介

はじめまして!オーナーの鬼塚です。

名前 鬼塚勇士
誕生日 9月22日
恋人との交際期間 2015年~現在
趣味

DIY、キャンプなど、自分でなんでも作るマン

彼女へサプライズすること

ailogoが生まれた理由

僕には、2015年から交際している恋人がいます。
彼女は、僕がプレゼントしたものをとても喜んでくれます。
欲しかったアクセサリーなどはもちろん、帰りにコンビニで買ったお菓子でも。
でも、1番喜んでくれるのは、手紙です。
その手紙は、僕にしか書けない、彼女への想いが詰まったプレゼントだからです。
しかし、手紙はプレゼントに添えるもの。
メインのプレゼントでも、特別な何かを贈りたい。そう思ったとき、 「僕と彼女だけのペアルックを作ろう」
と考えました。
さっそくペアルックを作れるサイトを探してみました。
「ちょっと派手だな…」
そもそも僕自身、ペアルック自体少し恥ずかしいと思うタイプの人間だったため、オーダーメイドのものなんて尚更ハードルが高く感じてしまいました。(恋人と付き合って間もないころまでは、むしろ毛嫌いしてました笑)
もっと『さりげない』感じの、でもしっかり二人だけの思い出が詰まったペアルック、ないかなぁ。
そう思ったとき、ailogoが誕生しました。

ailogoの想い

大切な人に想いを伝えるために。

大切な人に喜んでもらえるプレゼントって、なんでしょう。
ネックレス、高級フレンチ、高層マンションからの眺め…
それもそうかもしれませんが、もっと奥深くにある理由。
それは『特別感』だと考えます。
どれだけ相手が自分のことを大切に思っているか、言葉ではいくらでも言えますが、形を触って確かめるのは難しいかもしれません。 でも、誰かが「自分のためだけに」時間をかけて何かをしてくれた時、「大切にされているな」と僕は感じます。
ailogoは、大切なパートナーに想いを伝えたい人に、真剣に向き合いたい思っています。
贈り物は、その想いによって作り上げられます。ぜひ、あなたの想いをお聞かせください。納得のいくデザインに仕上がるまでとことんお付き合いします。

いつでもどこでも、
末永く使ってほしい。

フェイスロゴのペアルックは、あなたと想い人の愛情を深めるパートナーです。
・おしゃれじゃない
・外で使うのは恥ずかしい
そのうち、だんだん使わなくなってく…
なんだか二人の気持ちまで薄れていくような感じで寂しいです。二人の愛の形なのですから、いつまでも、どこでも一緒に使ってほしい。
だからこそ、ailogoは、どんなシチュエーションでも使えるようなペアルックを目指しています。
『さりげない』、馴染みのある新しいペアルックで、二人の愛をいつまでも見守りたいと思っています。

ailogoのこだわり

オーナーが欲しいと思ったものしかつくりません。

商品素材は、オーナーが実際に買って触ってみて、本当にいいと思うものを選んでいます。お客様には、質が高く、末永くオーダーメイドグッズを使ってほしいという思いもこめて、むやみやたらに商品は増やしません。
「こんな商品があったらいいな」というお声がございましたら、ぜひお聞かせください。

デザインは、モノクロベース。

白と黒というのは、流行に流されない力を持っています。お客様には、永くオーダーメイドグッズを使っていただきたいため、流行り廃りのないモノクロのデザインをベースにしています。
また、モノクロは、どんな色にも親しみやいです。
「今日のファッションに似合わないな…」
せっかくペアルックを買ったのに、おしゃれじゃない、恥ずかしいからという理由で使わないのは、もったいないですよね。(僕もそんな経験があります笑)
そんなことにならないよう、いつでもどこでも一緒に使えるのがモノクロデザインです。
お互い好きな色が違っても、おしゃれを気にせずペアルックができる。
モノクロベースは、そんな思いがこめられています。

『さりげない』がコンセプト。

モノクロデザインである理由は、このコンセプトにもあります。
ペアルックって、なんだかちょっと恥ずかしい。
どうしてそう思うのでしょうか。
それは、『あからさま』なところにあると僕は思います。
プライベートを丸出ししているような、バカップルと思われるような、そんなイメージがありました。
でも、ペアルックしてみたい。
既製品のものでもなく、『特別感』があるものをつくりたい。 『あからさま』なものでも、バカップル感がでるものでもない、『さりげない』、かつ世界にひとつしかないペアルック。 そんなお客様のために、ailogoは存在します。
ペアルックは二人の想いを形にするもの。恥ずかしいと思っている人でも使える、そんな存在を目指しています。

お問い合わせ

商材、デザインについて、その他些細なことでも
なんでもご相談ください。